オレンジのランプがキュートな縁側
1階の部屋は和モダンな雰囲気
2階は広々とした和室
石造りの門構え
1階のトイレは改装されていて綺麗

オシャレな街の縁側付き古民家

オレンジのランプがキュートな縁側
1階の部屋は和モダンな雰囲気
2階は広々とした和室
石造りの門構え
1階のトイレは改装されていて綺麗

物件情報

  • 物件番号
  • u-0010
  • アクセス
  • 自由が丘駅   徒歩9分
  • 坪数帯
  • 40〜50坪
  • 目安坪単価
  • 応相談
  • 入居可能時期
  • 即時
  • 会議室数
  • 0室

詳細説明

▼古民家でゆったりと働く

自由が丘のお洒落な通りを抜けた住宅街にポツンとある一軒家の物件です。築57年のまさに「古民家」。古さはもちろんあるのですが、1階の部屋やトイレは一部リノベーションされており、和モダンな雰囲気となっております。そしてこの物件の一番のオススメポイントは、なんといってもこの趣のある縁側。オレンジのランプがまたいい味を出しています。 庭もありますので、季節を感じながらゆったり働くことができるのではないでしょうか。プランターで野菜を育てたりしても良さそう◎ (手を加えておらず古いままの部屋もございます。)

 

▼こんな企業さまにおすすめ

2階は広々とした和室で、そのまま畳を活かして執務スペースにするも良し、造作等の相談もできるので、古民家の良さを活かしつつフローリングにしても雰囲気が出ると思います。元々は住居なのでしっかりしたキッチンもあり、いわゆる”普通”のオフィスではありません。それなので、自分たちで自由に使い方を考えて過ごしてみたいといった企業様におすすめです!

募集終了しました

オフィス移転ガイド Guide

オープンな社風を体現するガラス張りのオフィスで、「働く」をもっとオモシロく。

今回は、秋葉原から浜松町に移転したイエローテイルズ株式会社さんにインタビュー。今回の移転は「会社のブランディング」を考えての移転だったとのこと。社長の前田さんに詳しくお話を伺いました。 ブランディングをしないと人が採用できなくなってきたんですよね。 移転の理由を教えてください。 創業期から秋葉原にいて、最初は20坪ぐらいの小綺麗なオフィスだったんですけど、急拡大をして一気に人数が膨れ上がったんです

2019.11.22

あえて期限を設けることで、「働く」をもっとオモシロく。

今回は、外苑前に初めてのオフィスを構えたANNONE株式会社(アンノーン)さんにインタビュー。事業立ち上げのフェーズでは家やカフェで作業していたとのこと。社長の植松さんに詳しくお話を伺いました。   オフィスを構えようと思った理由を教えてください。 最初は具体的に事業が決まっていなくて、登記だけできればいいのでバーチャルオフィス借りて「まあいいでしょ!」みたいな感じだったんです。でも事業

2019.09.02

自由さを追求して、「働く」をもっとオモシロく。

今回は、池袋から新宿御苑前にオフィス移転をした株式会社ムソウさんにインタビュー。移転を担当したWebマーケティング部 寺井さんにお話を伺いました。 オフィスを移転しようと思ったキッカケを教えてください。 前のオフィスでは、元々リモートワーカーが多くて社員がマックスで15人も来ないのに、100万円ぐらい固定費用がかかっていてすごくもったいなかったので、これはありえん!と思って。まずは固定費の削減が第

2019.07.19

記事一覧を見る
Mail Magazine

メルマガで新着物件情報をお届け

最新の情報をまとめて入手したい!
とお考えの方には、
メールマガジンの購読をオススメしています。
最新の物件情報をはじめ、オフィス移転の参考になる最新事例や豆知識もお届けします。

メルマガ登録する