オレンジのランプがキュートな縁側
1階の部屋は和モダンな雰囲気
2階は広々とした和室
石造りの門構え
1階のトイレは改装されていて綺麗

オシャレな街の縁側付き古民家

オレンジのランプがキュートな縁側
1階の部屋は和モダンな雰囲気
2階は広々とした和室
石造りの門構え
1階のトイレは改装されていて綺麗

物件情報

  • 物件番号
  • u-0010
  • アクセス
  • 自由が丘駅   徒歩9分
  • 坪数帯
  • 40〜50坪
  • 目安坪単価
  • 応相談
  • 入居可能時期
  • 即時
  • 会議室数
  • 0室

詳細説明

▼古民家でゆったりと働く

自由が丘のお洒落な通りを抜けた住宅街にポツンとある一軒家の物件です。築57年のまさに「古民家」。古さはもちろんあるのですが、1階の部屋やトイレは一部リノベーションされており、和モダンな雰囲気となっております。そしてこの物件の一番のオススメポイントは、なんといってもこの趣のある縁側。オレンジのランプがまたいい味を出しています。 庭もありますので、季節を感じながらゆったり働くことができるのではないでしょうか。プランターで野菜を育てたりしても良さそう◎ (手を加えておらず古いままの部屋もございます。)

 

▼こんな企業さまにおすすめ

2階は広々とした和室で、そのまま畳を活かして執務スペースにするも良し、造作等の相談もできるので、古民家の良さを活かしつつフローリングにしても雰囲気が出ると思います。元々は住居なのでしっかりしたキッチンもあり、いわゆる”普通”のオフィスではありません。それなので、自分たちで自由に使い方を考えて過ごしてみたいといった企業様におすすめです!

募集終了しました

オフィス移転ガイド Guide

ポスト五反田を狙え!2019年注目、ベンチャー企業におすすめの穴場エリア3選。

ベンチャー企業・スタートアップ企業が続々と集結している五反田エリア。2018年7月にはスタートアップ企業の交流団体「五反田バレー」も発足しました。 そんな五反田ですが、今では移転の候補地として渋谷と同じくらいに名前があがってくるほどの人気ぶり。しかし一方で「人気が高い」ということは、いずれ物件が少なくなったり、賃料が上がる可能性が高いとも言えます。実際に2~3年前に比べると五反田エリアにもその兆候

2019.02.13

内見前に知っておきたい!物件の良さを見いだす7つのポイント

オフィス移転を本格的に検討する際に大切にしたいこと、それが物件の内見です。物件資料やWebサイトで建物の外観や執務スペースの写真をチェックしたとしても、実際に見に行ってみると雰囲気が異なることもしばしば。また、駅からオフィスまで歩くことで、人通りや周囲にどんなお店があるかなど周囲の環境もよく理解できます。今回は物件資料のチェックポイント、そして内見時に確認しておきたいポイントについてご紹介します。

2018.11.30

信頼関係が大事。デキるオフィス仲介業者との上手な付き合い方

移転パートナーが決まったら物件探しとなるのですが、より良いオフィス移転を実現するために意識しておきたい仲介業者と上手に付き合うポイントをいくつかまとめてみました。 (この記事は「成長企業だからこそ見極めたい!オフィス移転の仲介業者の選び方」の続きです)   ①分からないことはどんどん聞く/会社のことはいろいろ話す オフィス移転のノウハウは社内に溜まりにくい性質があります。移転頻度も少ない

2018.11.21

記事一覧を見る
Mail Magazine

メルマガで新着物件情報をお届け

最新の情報をまとめて入手したい!
とお考えの方には、
メールマガジンの購読をオススメしています。
最新の物件情報をはじめ、オフィス移転の参考になる最新事例や豆知識もお届けします。

メルマガ登録する