居抜き・内装造作付きの物件一覧

居抜き・内装造作付きのオフィスについて Search

内装造作のための費用を大幅に抑えられる可能性がある「居抜きオフィス」と「内装造作付きオフィス」。居抜きは前に入居していた(もしくは現在入居中の)企業の内装を、内装造作付きはビルのオーナーが用意した内装を使うことができます。但し普及している数もまだまだ少なく、希望条件の全て叶う内装に出会えることも稀なため、加えて内装工事を加えることが必要なこともあります。

すべての物件をみる

オフィス移転ガイド Guide

【創業期のベンチャー向け】はじめてでも大丈夫!オフィス移転のキホン

【創業期のベンチャー向け】はじめてでも大丈夫!オフィス移転のキホン 「そろそろ移転しなきゃ!」何から始める? 「新たなメンバーも増えて、事業拡大していくぞ!」というタイミングで訪れるのが「オフィス移転」 創業時はマンションやコワーキングスペースをオフィスとして利用することも多く、スムーズに入居できるため、個人の引っ越しの延長線であると考えられる方が多いようです。しかし、実際に移転を検討し始めてみる

2018.10.31

成長企業だからこそ見極めたい!オフィス移転の仲介業者の選び方

より良いオフィス移転を実現したい!そう思ったときに、どんなポイントが重要になるでしょう。実はその大きなウェイトを占めているのが、不動産仲介業者の役割です。数百万円~数千万円規模、大手の企業であれば億単位の費用がかかるオフィス移転のパートナー選び。営業受けたのでそのままなんとなく、もしくは知り合いに相談できそうだから、といった理由で依頼をかけるにしてはちょっと大きな金額がかかる話だと思いませんか?そ

2018.10.19

会社の移転が決定!移転日前後でやるべき手続きまとめ

事業を成長させていく日々の業務とは別に、新たに生まれるオフィス移転プロジェクト。 移転先の物件を探したり、内装をどうするか、予算との兼ね合いをどうするか…に集中したいところですが、移転とセットで必要になるのが、役所や取引先に対する手続きです。 その手続きの膨大さから「いつ」までに「どこ」に対して「何を」届け出たら良いのか、移転経験者でさえも見落としがち。 そこで、オフィスの移転日前後でやっておくべ

2018.09.26

記事一覧を見る
Mail Magazine

メルマガで新着物件情報をお届け

最新の情報をまとめて入手したい!
とお考えの方には、
メールマガジンの購読をオススメしています。
最新の物件情報をはじめ、オフィス移転の参考になる最新事例や豆知識もお届けします。

メルマガ登録する