7階の内装イメージ図です
7階の内装イメージ図です
7階の内装イメージ図です
6階の内装イメージ図です
6階の内装イメージ図です

あえてここにする意味

7階の内装イメージ図です
7階の内装イメージ図です
7階の内装イメージ図です
6階の内装イメージ図です
6階の内装イメージ図です

物件情報

  • 物件番号
  • i-0283
  • アクセス
  • 浅草橋駅   徒歩2分
    蔵前駅   徒歩8分
  • 坪数帯
  • 30〜40坪
  • 目安坪単価
  • 18,000円
  • 入居可能時期
  • 2021年02月下旬
  • 会議室数
  • 1室

詳細説明

■浅草橋でスマートなオフィスライフを。

もともと住宅用だった区画が、内装付きオフィスとして生まれ変わります。

 

6階は会議室を1室とし執務スペースを広めにとることで、個人で集中して作業しやすいレイアウトが可能です。内装もコンセプトに合わせてモノクロ基調な落ち着いたデザインに。

 

一方7階は会議室を2つ確保し、全体的にカジュアルなデザインに。チーム内や取引先とのコミュニケーションを促す、共創型ワークに適したレイアウトが可能です。

 

■こんな企業にオススメ

内装付きでも賃料が比較的安く抑えられているので、

主要エリアという立地にそこまでこだわっていない企業様には、選択肢の1つになりそうですね。

 

入居時に支払う敷金も3ヶ月と安価に抑えられており、

移転時のキャッシュアウトをできるだけ少なくしたいという企業様にも合います。

 

■物件詳細

◯6・7F共通

坪数:39.28坪(129.85㎡)

賃料:707,040円(税別)

敷金:3ヶ月分

償却:なし

入居日:2021年2月下旬

内見:2021年2月上旬を予定

契約期間:2年

※什器は会議室にのみ付く予定です。

 

【6階参考レイアウト図】

【7階参考レイアウト図】

この物件について問い合わせる

オフィス移転ガイド Guide

オープンな社風を体現するガラス張りのオフィスで、「働く」をもっとオモシロく。

今回は、秋葉原から浜松町に移転したイエローテイルズ株式会社さんにインタビュー。今回の移転は「会社のブランディング」を考えての移転だったとのこと。社長の前田さんに詳しくお話を伺いました。 ブランディングをしないと人が採用できなくなってきたんですよね。 移転の理由を教えてください。 創業期から秋葉原にいて、最初は20坪ぐらいの小綺麗なオフィスだったんですけど、急拡大をして一気に人数が膨れ上がったんです

2019.11.22

あえて期限を設けることで、「働く」をもっとオモシロく。

今回は、外苑前に初めてのオフィスを構えたANNONE株式会社(アンノーン)さんにインタビュー。事業立ち上げのフェーズでは家やカフェで作業していたとのこと。社長の植松さんに詳しくお話を伺いました。   オフィスを構えようと思った理由を教えてください。 最初は具体的に事業が決まっていなくて、登記だけできればいいのでバーチャルオフィス借りて「まあいいでしょ!」みたいな感じだったんです。でも事業

2019.09.02

自由さを追求して、「働く」をもっとオモシロく。

今回は、池袋から新宿御苑前にオフィス移転をした株式会社ムソウさんにインタビュー。移転を担当したWebマーケティング部 寺井さんにお話を伺いました。 オフィスを移転しようと思ったキッカケを教えてください。 前のオフィスでは、元々リモートワーカーが多くて社員がマックスで15人も来ないのに、100万円ぐらい固定費用がかかっていてすごくもったいなかったので、これはありえん!と思って。まずは固定費の削減が第

2019.07.19

記事一覧を見る
Mail Magazine

メルマガで新着物件情報をお届け

最新の情報をまとめて入手したい!
とお考えの方には、
メールマガジンの購読をオススメしています。
最新の物件情報をはじめ、オフィス移転の参考になる最新事例や豆知識もお届けします。

メルマガ登録する