Array
Array
Array
Array
Array

働く場の可能性

Array
Array
Array
Array
Array

物件情報

  • 物件番号
  • i-0210
  • アクセス
  • 池尻大橋駅   徒歩5分
  • 坪数帯
  • 140〜150坪
  • 目安坪単価
  • 応相談
  • 入居可能時期
  • 未定
  • 会議室数
  • 0室

詳細説明

▼オフィス紹介

ワークプレイスの可能性を追求するために実験場として立ち上げた空間。

 

スタートアップ企業の活動拠点、ピッチやセミナーを行う場所として利用していました。
110坪のB1Fは高台に立てられたビルなので表記上地下になりますが窓面が多くて採光や換気は全く問題なし。

 

食を通したコミュニケーションが出来るように広いシンク付きのキッチンと、室内から外へ繋がる形でダイニングテーブルやガーデンを配置。家具はピッチやワークショップがやりやすいように全て可動式で、普段は何も置いていない自由な空間が広がっています。

 

B2Fに降りる階段は真っ白な壁で一気に世界が変わります。窓が無く光が入らないため時間を忘れて集中・内省できる空間。三段のステージが設置されており、向かい側の壁に映像を投映して納会やセミナーにも使えます。

 

他にも見所は載せきれない程あり、可能性しか感じないこの空間。単なる働く場所ではなく、自然と集まりたくなる、オフィスにしか出来ないことを、この場所で実験・体現しませんか?

 

▼物件情報
坪数:B1階 110.87坪+B2階 38.48坪

合計:149.35坪(493.74㎡)
坪単価目安18,000円〜20,000円(税別)
入居日:相談

この物件について問い合わせる

オフィス移転ガイド Guide

オープンな社風を体現するガラス張りのオフィスで、「働く」をもっとオモシロく。

今回は、秋葉原から浜松町に移転したイエローテイルズ株式会社さんにインタビュー。今回の移転は「会社のブランディング」を考えての移転だったとのこと。社長の前田さんに詳しくお話を伺いました。 ブランディングをしないと人が採用できなくなってきたんですよね。 移転の理由を教えてください。 創業期から秋葉原にいて、最初は20坪ぐらいの小綺麗なオフィスだったんですけど、急拡大をして一気に人数が膨れ上がったんです

2019.11.22

あえて期限を設けることで、「働く」をもっとオモシロく。

今回は、外苑前に初めてのオフィスを構えたANNONE株式会社(アンノーン)さんにインタビュー。事業立ち上げのフェーズでは家やカフェで作業していたとのこと。社長の植松さんに詳しくお話を伺いました。   オフィスを構えようと思った理由を教えてください。 最初は具体的に事業が決まっていなくて、登記だけできればいいのでバーチャルオフィス借りて「まあいいでしょ!」みたいな感じだったんです。でも事業

2019.09.02

自由さを追求して、「働く」をもっとオモシロく。

今回は、池袋から新宿御苑前にオフィス移転をした株式会社ムソウさんにインタビュー。移転を担当したWebマーケティング部 寺井さんにお話を伺いました。 オフィスを移転しようと思ったキッカケを教えてください。 前のオフィスでは、元々リモートワーカーが多くて社員がマックスで15人も来ないのに、100万円ぐらい固定費用がかかっていてすごくもったいなかったので、これはありえん!と思って。まずは固定費の削減が第

2019.07.19

記事一覧を見る
Mail Magazine

メルマガで新着物件情報をお届け

最新の情報をまとめて入手したい!
とお考えの方には、
メールマガジンの購読をオススメしています。
最新の物件情報をはじめ、オフィス移転の参考になる最新事例や豆知識もお届けします。

メルマガ登録する