窓際でリフレッシュ
黒で統一された執務室はかっこいい
会議室。什器譲渡も相談可能です。
会議室もシンプル
使いやすいレイアウトです

青山一丁目の会議室付き大型居抜きオフィス

窓際でリフレッシュ
黒で統一された執務室はかっこいい
会議室。什器譲渡も相談可能です。
会議室もシンプル
使いやすいレイアウトです

物件情報

  • 物件番号
  • i-0061
  • アクセス
  • 青山一丁目駅   徒歩3分
    乃木坂駅   徒歩7分
  • 坪数帯
  • 110〜120坪
  • 目安坪単価
  • 23,000円
  • 入居可能時期
  • 2019年01月上旬
  • 会議室数
  • 2室

詳細説明

会議室2室付きのシンプル居抜きオフィス
青山一丁目駅近くに立地するこの物件は、会議室が2室付属しているシンプルな居抜きオフィス。三面採光のため室内も明るく、ワンフロアのスペースをすべて活用できるため、レイアウトしやすい室内となっております。大きな内装造作はないため、移転後に自社のテイストに染め上げることができる点がメリットです。
 
2019年1月から入居可能。賃貸条件もおトク!
オフィス移転をお急ぎの方にうれしい2019年1月から入居可能、かつ賃貸条件も100坪以上のオフィスではお目にかかれない非常におトクな条件となっています。年明けから4月に向けてオフィス移転の繁忙期に入るため、早めに移転を決めたいベンチャー・スタートアップの企業さまにおすすめです。
 
充実した周辺環境
最寄り駅の青山一丁目駅近辺はオフィス街にもかかわらず、ランチスポットは意外と多め。コンビニやスーパーマーケット、そして大きな郵便局もあるため、重宝しそうです。赤坂図書館や国立新美術館も徒歩圏内で活用できるため、資料集めや気分転換に足を運んでみてはいかがでしょうか。
 

この物件について問い合わせる

オフィス移転ガイド Guide

内見前に知っておきたい!物件の良さを見いだす7つのポイント

オフィス移転を本格的に検討する際に大切にしたいこと、それが物件の内見です。物件資料やWebサイトで建物の外観や執務スペースの写真をチェックしたとしても、実際に見に行ってみると雰囲気が異なることもしばしば。また、駅からオフィスまで歩くことで、人通りや周囲にどんなお店があるかなど周囲の環境もよく理解できます。今回は物件資料のチェックポイント、そして内見時に確認しておきたいポイントについてご紹介します。

2018.11.30

信頼関係が大事。デキるオフィス仲介業者との上手な付き合い方

移転パートナーが決まったら物件探しとなるのですが、より良いオフィス移転を実現するために意識しておきたい仲介業者と上手に付き合うポイントをいくつかまとめてみました。 (この記事は「成長企業だからこそ見極めたい!オフィス移転の仲介業者の選び方」の続きです)   ①分からないことはどんどん聞く/会社のことはいろいろ話す オフィス移転のノウハウは社内に溜まりにくい性質があります。移転頻度も少ない

2018.11.21

オフィス移転最大のハードル?知っておきたい入居審査の流れ

気に入ったオフィスに出会えたし、申し込み書類も提出完了。ここまできたら、さあ契約だ!と意気込んでしまいますが、その前に越えなければならない「入居審査」があります。入居審査とは、オーナーさまが申し込み書類を提出した企業さまにオフィスを貸しても良いかどうかを検討することを指します。オフィス移転の場合、一般的な個人の引っ越しの際の審査よりも額面が高いことから様々な情報を求められます。そのため必要な情報を

2018.11.16

記事一覧を見る
Mail Magazine

メルマガで新着物件情報をお届け

最新の情報をまとめて入手したい!
とお考えの方には、
メールマガジンの購読をオススメしています。
最新の物件情報をはじめ、オフィス移転の参考になる最新事例や豆知識もお届けします。

メルマガ登録する