70〜150坪の物件一覧

70〜150坪のオフィスについて Search

メンバーが30名以上となり、オフィス移転の中でメンバーのために何を叶えるのか、その要素が多くなる坪数帯です。オープンスペースを設け、社内コミュニケーションの活発化を考える企業や、エントランスの造作により企業ブランディングを考える企業様も多く見受けられます。

居抜き・内装造作付き 大きめの会議室。セミナー利用にも活用できます。

緑の映える駅近ハイグレードビルの居抜きオフィス

坪数帯
80〜90坪
一棟 こちらがビルの外観になります

アパレル企業さまにおすすめ◎中目黒の一棟オフィス

坪数帯
110〜120坪
駅名
中目黒駅
すべての物件をみる

オフィス移転ガイド Guide

内見前に知っておきたい!物件の良さを見いだす7つのポイント

オフィス移転を本格的に検討する際に大切にしたいこと、それが物件の内見です。物件資料やWebサイトで建物の外観や執務スペースの写真をチェックしたとしても、実際に見に行ってみると雰囲気が異なることもしばしば。また、駅からオフィスまで歩くことで、人通りや周囲にどんなお店があるかなど周囲の環境もよく理解できます。今回は物件資料のチェックポイント、そして内見時に確認しておきたいポイントについてご紹介します。

2018.11.30

信頼関係が大事。デキるオフィス仲介業者との上手な付き合い方

移転パートナーが決まったら物件探しとなるのですが、より良いオフィス移転を実現するために意識しておきたい仲介業者と上手に付き合うポイントをいくつかまとめてみました。 (この記事は「成長企業だからこそ見極めたい!オフィス移転の仲介業者の選び方」の続きです)   ①分からないことはどんどん聞く/会社のことはいろいろ話す オフィス移転のノウハウは社内に溜まりにくい性質があります。移転頻度も少ない

2018.11.21

オフィス移転最大のハードル?知っておきたい入居審査の流れ

気に入ったオフィスに出会えたし、申し込み書類も提出完了。ここまできたら、さあ契約だ!と意気込んでしまいますが、その前に越えなければならない「入居審査」があります。入居審査とは、オーナーさまが申し込み書類を提出した企業さまにオフィスを貸しても良いかどうかを検討することを指します。オフィス移転の場合、一般的な個人の引っ越しの際の審査よりも額面が高いことから様々な情報を求められます。そのため必要な情報を

2018.11.16

記事一覧を見る
Mail Magazine

メルマガで新着物件情報をお届け

最新の情報をまとめて入手したい!
とお考えの方には、
メールマガジンの購読をオススメしています。
最新の物件情報をはじめ、オフィス移転の参考になる最新事例や豆知識もお届けします。

メルマガ登録する