ラックを使ったゾーニング例
打ち合わせスペース例
お引き渡し時の仕様
サンプルレイアウト
什器は付きません

五反田のITベンチャー応援ビル

ラックを使ったゾーニング例
打ち合わせスペース例
お引き渡し時の仕様
サンプルレイアウト
什器は付きません

物件情報

  • 物件番号
  • d-0041
  • アクセス
  • 五反田駅   徒歩5分
  • 坪数帯
  • 20〜30坪
  • 目安坪単価
  • 13,000円
  • 入居可能時期
  • 2021年06月上旬
  • 会議室数
  • 0室

詳細説明

■ITベンチャー企業応援ビル
「五反田バレー構想」に象徴されるとおり、ここ数年ベンチャー企業の流入が著しい五反田エリア。オーナーさまから「これからの時代を担うITベンチャーを応援したい!」とのお言葉をいただき、温かみのある木目の床とシックな壁紙にリノベーションした物件です。室内はレイアウト次第で、10〜20人規模の執務スペース、来客スペース、リフレッシュスペースの作り込みが可能です。

 

■二面採光で明るい
区画の角地に所在しているため、窓が二面あり室内は明るい空間です。またトイレが共用部に設置されているので、執務スペースをまるまる活用できる点もうれしいですね。

 

■利便性の高い五反田エリア
JR山手線、都営浅草線、東急池上線の3路線を利用できる五反田駅から徒歩5分とアクセスが非常に良く、物件周辺の環境も良いです。飲食店はもちろん、スーパーマーケットや衣料店もそろっているため日常生活で困ることはなさそう。すこし足を伸ばせば静かな住宅街も多く、職住近接も実現可能なエリアです。春は目黒川にてみんなでお花見もできそうです。

 

■物件詳細
坪数:23.02坪
賃料:299.260円(税別・坪単価13,000円)
保証金:6ヶ月
入居日:2021年6月11日予定

募集終了しました

オフィス移転ガイド Guide

オープンな社風を体現するガラス張りのオフィスで、「働く」をもっとオモシロく。

今回は、秋葉原から浜松町に移転したイエローテイルズ株式会社さんにインタビュー。今回の移転は「会社のブランディング」を考えての移転だったとのこと。社長の前田さんに詳しくお話を伺いました。 ブランディングをしないと人が採用できなくなってきたんですよね。 移転の理由を教えてください。 創業期から秋葉原にいて、最初は20坪ぐらいの小綺麗なオフィスだったんですけど、急拡大をして一気に人数が膨れ上がったんです

2019.11.22

あえて期限を設けることで、「働く」をもっとオモシロく。

今回は、外苑前に初めてのオフィスを構えたANNONE株式会社(アンノーン)さんにインタビュー。事業立ち上げのフェーズでは家やカフェで作業していたとのこと。社長の植松さんに詳しくお話を伺いました。   オフィスを構えようと思った理由を教えてください。 最初は具体的に事業が決まっていなくて、登記だけできればいいのでバーチャルオフィス借りて「まあいいでしょ!」みたいな感じだったんです。でも事業

2019.09.02

自由さを追求して、「働く」をもっとオモシロく。

今回は、池袋から新宿御苑前にオフィス移転をした株式会社ムソウさんにインタビュー。移転を担当したWebマーケティング部 寺井さんにお話を伺いました。 オフィスを移転しようと思ったキッカケを教えてください。 前のオフィスでは、元々リモートワーカーが多くて社員がマックスで15人も来ないのに、100万円ぐらい固定費用がかかっていてすごくもったいなかったので、これはありえん!と思って。まずは固定費の削減が第

2019.07.19

記事一覧を見る
Mail Magazine

メルマガで新着物件情報をお届け

最新の情報をまとめて入手したい!
とお考えの方には、
メールマガジンの購読をオススメしています。
最新の物件情報をはじめ、オフィス移転の参考になる最新事例や豆知識もお届けします。

メルマガ登録する