眺めも良い広々としたルーフバルコニー
無垢材のフローリングと開放感のある天井
リフレッシュスペース。奥はトイレです。
二重サッシで静かな室内

大きなルーフバルコニーが魅力!ウッド調の郊外デザイナーズオフィス

眺めも良い広々としたルーフバルコニー
無垢材のフローリングと開放感のある天井
リフレッシュスペース。奥はトイレです。
二重サッシで静かな室内

物件情報

  • 物件番号
  • d-0029
  • アクセス
  • 梅ヶ丘駅   徒歩1分
  • 坪数帯
  • 20〜30坪
  • 目安坪単価
  • 14,000円 〜 15,000円
  • 入居可能時期
  • 即時
  • 会議室数
  • 0室

詳細説明

職住近接を実現できる郊外デザイナーズ
梅ヶ丘駅北口から徒歩1分の立地のため、職住近接を実現するにはうってつけ。新宿駅にも渋谷駅にも電車で15分ほどで出られるので、アクセスも悪くありません。世田谷区に住んでいる方が多いベンチャー企業さまにおすすめです。
 

大きなルーフバルコニーを始め、配慮された内装
執務スペースの広さの半分ほどのルーフバルコニーがあるので、気分転換に最適!太陽の下でのミーティングやちょっとした家庭菜園スペースにも活用ができそうです。またオフィス空間も床は無垢材のフローリングが敷かれ、天井は抜かれているため開放感があるクリエイティブな空間になっています。

 
地下1階にはレンタルスタジオあり
同ビルの地下1階には完全防音のレンタルスタジオがテナントとして入っているため、音楽やダンスなどに携わっている事業をされている方は重宝しそうです。

募集終了しました

オフィス移転ガイド Guide

オープンな社風を体現するガラス張りのオフィスで、「働く」をもっとオモシロく。

今回は、秋葉原から浜松町に移転したイエローテイルズ株式会社さんにインタビュー。今回の移転は「会社のブランディング」を考えての移転だったとのこと。社長の前田さんに詳しくお話を伺いました。 ブランディングをしないと人が採用できなくなってきたんですよね。 移転の理由を教えてください。 創業期から秋葉原にいて、最初は20坪ぐらいの小綺麗なオフィスだったんですけど、急拡大をして一気に人数が膨れ上がったんです

2019.11.22

あえて期限を設けることで、「働く」をもっとオモシロく。

今回は、外苑前に初めてのオフィスを構えたANNONE株式会社(アンノーン)さんにインタビュー。事業立ち上げのフェーズでは家やカフェで作業していたとのこと。社長の植松さんに詳しくお話を伺いました。   オフィスを構えようと思った理由を教えてください。 最初は具体的に事業が決まっていなくて、登記だけできればいいのでバーチャルオフィス借りて「まあいいでしょ!」みたいな感じだったんです。でも事業

2019.09.02

自由さを追求して、「働く」をもっとオモシロく。

今回は、池袋から新宿御苑前にオフィス移転をした株式会社ムソウさんにインタビュー。移転を担当したWebマーケティング部 寺井さんにお話を伺いました。 オフィスを移転しようと思ったキッカケを教えてください。 前のオフィスでは、元々リモートワーカーが多くて社員がマックスで15人も来ないのに、100万円ぐらい固定費用がかかっていてすごくもったいなかったので、これはありえん!と思って。まずは固定費の削減が第

2019.07.19

記事一覧を見る
Mail Magazine

メルマガで新着物件情報をお届け

最新の情報をまとめて入手したい!
とお考えの方には、
メールマガジンの購読をオススメしています。
最新の物件情報をはじめ、オフィス移転の参考になる最新事例や豆知識もお届けします。

メルマガ登録する