Q. 物件が公示している入居予定日よりも早く居抜きで入居できる可能性はある?

A. 場合によっては、早期入居できる可能性があります。

すでにテナントが退去していた(もしくは近日中に退去する)場合は、状況によっては入居予定日の前倒し交渉も可能です。ただし、退去テナントの契約が残っているので、オーナーとの契約内容を変更するという調整が必要となります。

居抜きでオフィスの退去ができる場合には、原状回復期間をスケジュールとして換算する必要性がなくなるため、次の入居者さえ決まれば入居予定日の前倒し交渉がしやすくなるケースはあります。全体的な移転スケジュールの圧縮にもなり、解約期日の前倒しができるため、居抜き退去は有用な選択肢となります。

パスワードリセット
メールアドレスを入力してください。メールでパスワードが送信されます。