Q. オフィスの居抜きでトラブルを事前に防ぐためには?

A. 何を残し、何を引き継ぐのか、を事前に明確にすることが大切です。

後々トラブルが起きないように引継ぐ什器(家具類など)・造作関係(壁や会議室など)はリストを作成して明確化させることが必要です。引き渡しの際には、そのリストと現物を照らし合わせて確認を行います。

また、セキュリティシステムや扉の施錠が正しく稼働するかどうかなど安全性のチェックも行う必要もあるでしょう。特にセキュリティシステムは月額費用が発生する場合もあるため、後から「聞いてなかった!」とならないように事前の確認は必要不可欠です。

居抜き退去と入居のスケジュール調整も重要な要素です。退去後のクリーニングなども踏まえた上で、余裕を持ったスケジュール調整が望ましいでしょう。

パスワードリセット
メールアドレスを入力してください。メールでパスワードが送信されます。