原状回復義務の継承

居抜きで入居する際に、前の借主が負っている原状回復義務を引き継ぐことを指します。通常であれば前の借主が退去する際に原状回復工事が発生しますが、居抜きの場合はその原状回復工事(程度については都度確認)はせず、新しい借主にその義務を引き継ぐというケースが多いです。新しい借主は契約時に原状回復義務を引き継ぎ、契約書などにも承継の文言を明記します。
パスワードリセット
メールアドレスを入力してください。メールでパスワードが送信されます。