工事区分(A工事/B工事/C工事)

オフィス構築の際、工事の内容によって「誰が発注先を指定できるのか」「誰が費用負担をするのか」が変わることが一般的で、それをA〜C工事区分という3パターンの呼び方で分類しています。ビルの価値やクオリティに大きく影響する内容になればなるほど、A工事寄りになっていきます。

A工事:ビル側が工事業者を指定/工事費用はビル側負担(ex.空調)
B工事:ビル側が工事業者を指定/工事費用はテナント側負担(ex.壁)
C工事:テナント側が工事業者を指定/工事費用はテナント側負担(ex.床タイル)

パスワードリセット
メールアドレスを入力してください。メールでパスワードが送信されます。